チェスのレーティングについて

チェスのレーティングについて

将棋は段位ですが

チェスは段位ではなく、レーティングというので実力を図ります。

レーティングが高ければ高いほど、強いということです。

レーティングの目安はこんな感じになります。

800〜1200 初級者

1201〜1700 中級者

1701〜2000 上級者

2001〜2299 超上級者

2300〜2399 FM (FIDEマスター)  ←プロレベル

2400〜2499 IM(インターナショナルマスター)   ←羽生さんや小島さんはこの辺 です。

2500〜 GM(グランドマスター)

2700〜 SGM(スーパーグランドマスター)

2800〜 歴代トップクラス ←元世界王者カスパロフなど

2882  現世界王者  ←マグヌスカールセン(歴代最高値)

世界にはグランドマスターと呼ばれている人たちが1500人以上は

いるとされています。

グランドマスターの数が増えてしまったので

それ以上に強い人たちのことを

スーパーグランドマスターと呼ぶようになったのです。

このスーパーグランドマスターは世界でも50人ほどしかいません。

まさに変態、いや超人です。

でも日本人でまだ、グランドマスターになった人がいないんですよね。

なので、日本のトップである小島さんにはぜひ

グランドマスターになってほしいですね。

羽生さんも強いですが、将棋がありますから

ちょっと、グランドマスターは厳しいところです。

ちなみにネットのレーティングでは実際のレーティングよりも

少し高くなる傾向にあります。