チェス【chess】 イングリッシュオープニングのまとめ記事

イングリッシュオープニング グレートスネイクバリエーション

このバリエーションは  初めてやりましたが

見事に 失敗しましたわ  笑

ノーマルのイングリッシュオープニングだと

クイーンサイドから 攻撃することが多いので

そっちから 攻めましたが

その作戦は失敗でしたね。

クイーンも キングサイドに移動したほうが よかったです。

こちらも作戦ミスですが 相手も作戦ミスをしたので

助かりました。

さすが グレートスネイクだけあって 難しいですね。

 【チェス対局】イングリッシュオープニングで挑む

イングリッシュオープニング。

本当はd3型をやるつもりでしたが、 相手がビショップg7型できたので

d4にしました。

今回はミスなくやれましたわ。

途中の Nd2かNd4で迷ったけど

あれは、d4の方がいいらしいね。

なぜか、e4よりc4の方が勝率いいんだよね。 私

チェスの感想戦 イングリッシュオープニングの基本定跡

c4

g3

d3

Nf3

Bg2

0-0

Nc3

Bxf3

Rb1

b4 としていくのが、

イングリッシュオープニングの基本定跡となります。

これは手順が前後してても大丈夫です。

相手がBg7とする形なら このポジションを使っていく感じになります。

ここまで、基本通りにこれれば  こちらが少し有利となっていきます。

私も色んなオープニングをやりますけど

一番好きなのは イングリッシュオープニングです。

おそらくですが、 一番勝率も高いんですよね 私の場合。

c4 d4としていくよりも

こっちの方が私は好きです。

今回の対局では、エクスチェンジが成立する手が多かったので

比較的楽でした。

久しぶりに ノーミスで勝ったかもしれない。

こんなにエクスチェンジ連続でやって 勝つって滅多にないからね普通。

自分からエクスチェンジする場合はちゃんと読まないと

逆にカウンターをくらうことも多いのでね。