チェスOP 初手Nh3 アマールオープニングの解説をします

アマールオープニングの解説をします

↑ これは今日行ったゲームです。  私が白番でアマールオープニングをやりました。

アマールは

初手から Nh3 g3 Bg2  としていくオープニングです。

通常はそのあと、 f4、Nf2としていくのが一般的です。

アマールは前にも書きましたが

諸刃の剣 攻撃で言えば、大ぶりの一振りって感じの

オープニングです。

なので、 はまるときと  はまらないときの差が結構あります。

今回のゲームでは、うまくはまったパターンです。

うまくはまったら、 このように 序盤 中盤で

リードできるのですが

はまらないとほんと ひどいことになります。

私も最近は、アマールオープニングばかりやっていますが

やはり、大ぶりな攻撃なので 隙も結構多いのが特徴です。

特に ビショップラインには弱い。

まず序盤で、 相手は Nh3を 狙ってきます。

具体的には、Be6 Qd7と 相手が指してきて

狙ってきます。 ですので、それがくるまえに

こちらとしては、 f4、Nf2 として

ナイトを逃がす必要があります。

ただ、f4と上げることによって

攻撃力は上がりますが

防御力も下がります。

そこで相手は、 Bc5として

黒マスビショップラインを使ってきます。

そして、これが結構やっかいで

止めることが難しいのですよ。

↑ アマールオープニングをやれば、 このような局面になることが多いです。

次が白番ですが、

一つは fxe5 Nxe5 d4 となれば

トラップバリエーションの成功となりますが

これは滅多に成功しません。

なので、 ポーンをとってから Kh1とするのが いい手です。

本当は、e3などで ビショップラインを消したいのですが

それをすると、今度は中央突破されてしまうので

それができないことが多いです。

つまり、ビショップラインに弱いので

先にどっちか取っておけば、 それだけでだいぶ楽になります。

特に黒マスビショップが取れれば、 だいぶ勝てます。

アマールオープニングは オープニングが難しいので

そこで間違えなければ、 結構優秀だと思います。

最初がやたら難しいので、 初心者向けではないですね。

まぁ 難しいのは 相手も同じですから

相手がミスすることも結構多いのが特徴です。

6月21日追加

アマールオープニングの成功例

これが成功パターンの一例です。

序盤に e4と取った場面がありますが

あれはc4でも どちらでもいいです。

しかし、e4だとクローズドな局面にされてしまうことが多いので

取るときは注意が必要です。

今回は、 クイーンをエクスチェンジできる場面だったので

e4でも 特に問題はありません。

アマールオープニングはクローズドにされると

弱いので、 どこか先にオープンファイルを作っておくことが大事ですね。

本当に局面によって、微妙に変化していなかいといけないので

結構見極めが要りますね。

最近はアマールオープニングばかりやっているせいか

相手も慣れてきたので、 苦戦することも多くなってきました。

そうゆうときは 手順を入れ替えてやるのがベストです。

通常は

Nh3 g3 Bg2 d3 e4 などとしていきますが

ポイントとしては、 Nh3を最後にあげるのが いいです。

先にNh3と指してしまうと アマールオープニング一択に

なってしまいますが  それを最後にすることによって

別の選択肢も可能となるので、 相手が油断して

ビショップラインを使ってこないことも多くなります。

そうなれば、こっちのもんですからね。

手順前後を入れ替えて 指せば 結構強くなるOPといえるでしょう。

7月9日追加

新型のアマールオープニング改をやってみた

私が 考案というか、 弱点を補った

アマールオープニング改です。

初手 b4 a3とすることで

ビショップラインを消してから

アマールにしていきます。

このOPのいいところは

通常のアマールよりも、乱戦になりにくいし

途中から方向転換も可能になります。

最初から Nh3とする場合

ほとんど一本道なので  相手も対策がしやすいですが

この形なら 相手はビショップラインにも 気をつかないといけないので

こちらの選択しが 増えるのですよ。

以外と 勝率は高い方なので  結構使えます。

私が アマールばかりやっているので、 相手もどんどん慣れてきますからね。

なので こちらもどんどん パワーアップしていくのですよ。

アマールは まだまだ奥が深いですね。