チェスの名対局 ポールモーフィー(Paul Morphy)vsルソー

チェスの名対局 ポールモーフィー(Paul Morphy)vsルソー

これもまた、すごいゲームですね。
確かにキングスギャンビットは、リスクをおって
攻めていく、オープニングですけど。
ここまで、リスクを負っていくのは、なかなかできませんよね。
お互いにキャスリングをしない、いわば
殴り合いのゲームなわけですよ。
そして、中盤で指した  e5
これがすごい。
ギャンビットの上に ギャンビットをしているわけですよ
ポーンを捨てるうえに、 キングチェックまでかかりますからね。
この時点でもう、読み切っていたということでしょう。
最近はあまり、キングスギャンビットをやるプロはいないですけど。
こんなに怖い筋もあると。
所謂 超 急戦系ですからね。
ほとんど 守ってないですもん。
黒の敗着としては、 相手を少しなめていたところでしょう。
なんせ、ポールモーフィーがまだ12歳でしたからね。
だから、あえてリスキーな形を選んだわけですが
それが裏目に出てしまったと。
そういえば、  将棋の藤井君が 今日の順位戦に勝って
昇級しましたね。 さらに朝日杯で優勝すれば
一気に6段になると。
藤井君も十分天才ですけど
チェスの世界では、 藤井君並みの子供なんて  ぞろぞろいますからね。
中学生でプロとか もはや普通だし、 小学生プロも多い
それほど、恐ろしい世界なわけですよ。
あと、そういえば  今年もチェスの予選大会が始まりますね。
それで勝つことが出来れば、 全国大会に出れるわけですが
私も 時間が合えば、 参加してみようと 思います。
PS
チェス講座はUdemyでも販売しています
以下はクーポンです(100人限定)
シークレットメルマガもやっています。 プレゼント付きです。
私の情報がほしい人は、こちらを見てください。
メルマガの人を最優先しています。