チェス講座 ポーンが並んでいるミドルゲーム編

チェス講座 ポーンが並んでいるミドルゲーム編

今日行った私のゲームから 出題

私が白番です。 ちなみに初手はa3からのオープニングです。

お互いにポーンが並んでいる 珍しいパターンとなりました。

正直この局面はどっちがいいのか よくわからなかったですが

コンピュータ解析だと、 白の方が少し優勢だと出ました。

なので次の一手が非常に大事になってきます。

答えは e5としてポーンを進めます。

それが正解です。

e5のあとは  Ne8

exd6 Nxd6

c5 nc4

Qxe6+として

こちらがワンポーンアップすることができるのです。

私は先にRd1としてから、 e5と指しました。

他にはミスがなかったので、結局それが少し悪かったというわけですね。

エンドゲームはめっちゃ粘ったんですけど、

確か80手ぐらいだったと思います。

やはり、上級者だと エンドゲームが強いですからね。

ほんと、こんな局面みたいに お互いが同じような形で

ポーンが横並びだと すごい悩みますよね。

やはり、こうゆうところで 実力の差が出てしまいます。