チェスの乱戦試合はとても難しいのです。

乱戦試合の時は、ルークよりもナイトが活躍する

私が白番です。

見てもわかるとおり、なかなかの乱戦局面です。

この試合結果は、結局ステイルメイトになりました。

お互いにすげー考えたあげく、特に打つ手がなかったわけですよ。

コンピュータ解析でも、この局面は、ほとんど互角です。

しかしこの局面、どっちがいいかと言われれば、実際は黒の方がいいんですよね。

なぜなら、ビショップでd4をピンしていますし

黒には、ナイトがいるからです。

白には、ルークが2ついますけど、このように、駒が乱戦状態だと

ルークはあまり、威力を発揮することができません。

しかし、ナイトであれば、相手の駒を飛び越えることができるので

威力を発揮することができます。

このような局面であれば、正直ルークよりも、ナイトの方が価値が高いのです。

このように、特に有効な手がないときは、かなり苦しいです。

前に進む道がないので、あとはそこで待機するか、後退するしかないからです。

チェスでは、基本的に少しずつ駒を前に進めて、相手の陣地を目指していきますが

このケースでは、普通に前に進むとアウトなので

一度後退をして、形を整えて、反撃のチャンスがくるまで、辛抱強く待つことが大事になりますね。

あとは、こちらのルークと相手のナイトを交換するのも いい手になります。

なぜなら、 こちらのルーク2体の攻撃体制を整えるよりも

向こうのナイトの方が先に体制を作れるからです。

乱戦局面になったときは、 ナイトが一番活躍できるのです。