チェスの戦略講座 互角なら、ステイルメイトも視野に入れていく

チェスの戦略講座 互角なら、ステイルメイトも視野に入れていく


少しこちらが押されている局面や互角の局面や、クローズドした局面であれば

ステイルメイトも視野に入れていくことが大切です。

ステイルメイトの形で一番簡単なのは

ルークを2つを7段目に配置することです。

これでステイルメイトの形になるので

相手もへたに攻撃できなくなります。