チェスをやるメリットとは何か?

チェスをやるメリットは沢山あります。

チェスをやることで得られるベネフィットは
沢山あります。

 ★論理的思考力が身に付く

論理的、ロジカル的な思考力が上がるので、
必然的にIQが上がります。
日本ではないですが、
海外では教育プログラムの一環として
チェスの授業があるところも非常に多いのです。
例えば 自分のお子さんに
グローバル教育をさせてあげたいという人は
英語だけではなく、
チェスも覚えさせるのが有効です。

★ 頭の体操になる

頭を使うので、ボケ予防や認知症予防などにも
有効と言われています。

★外国人と 友達になれたりする。

実際に、私はチェスを行うことによって、
初めて外国人の友達ができるようになりました。
私は、あまり英語は話せないですが、よくチェス用語を使って話したりしています。
英語の場合だと、 英語圏の人にしか
通じないですけど
チェス用語は世界中で通用しますからね。
アメリカ人でも、中国人でも、インド人でも、
通用するんです。
(唯一 日本は通用しませんでしたけどね 笑)

 ★チェスを通じて、外国の文化に触れたりできる。

外国人の友達ができるということは、
外国の文化なども知ることができるということです。
それによって、抽象度が高くなり、
更に視野が広がります。

★チェスのマインドを身に付けると、投資でも勝ちやすくなる。

実際チェスをやってから、
私は投資でも勝てるようになりました。
やはり、ロジカル力、大局観などが
パワーアップするので
投資でも、冷静に対応することができ、
稼げるようになるのです。
実際に、海外のトップトレーダーの中では、
チェス理論を投資に応用している人も
沢山います。

★ チェスをやることによって、将棋も強くなる。

私は、先にチェスを覚えて、
将棋を後に覚えたのですが。
将棋もすんなり覚えることができました。
チェスと将棋をやることによって、
相乗効果が発揮されるのです。
例えば 将棋棋士の羽生さんは、
将棋もやっていますが
チェスもやっていますよね。
しかも羽生さんは、
チェスでも日本一になったことがある、実力者です。
羽生さんの将棋を見てみると、
チェスっぽい戦術をとっていることが
たびたびあります。
羽生さんが強いのは、
チェス理論も覚えているからだと思います。
 チェスには
これぐらい沢山のメリットがあるんです。