チェスの基本的な考え方、戦略について

チェスの基本的な考え方、戦略について

基本的な、戦略の一つに

数攻めがあります。

これは、上記の画像のように

1点を、数攻めするのが基本です。

チェスでも、将棋でもそうですよね。

画像の局面ですと

f7の地点を、集中砲火しています。

黒番としてみると、 これはもう防ぐことはできないでしょう。

そのまま、ごり押しされてしまいます。

特に、キングのななめは弱点ですから、そこを集中砲火されてしまうと

もうどうしようもありません。

将棋でも、それは同じですね。

初心者の人は、これに気づかないで負けてしまうことが多々ありますから

気をつけましょう。

チェスは、将棋と違って、 すぐに詰むことがありますからね。

一番早い手だと、 フールズメイトと言って

たった 2手で、チェックメイトすることもできます。

それも、キングのななめを狙った戦法なので

ななめの筋には、 気をつけましょう。

相手の駒が集まる前に、こちらも駒でブロックをしていかないといけないのです。

なので、 どの地点を狙われているのかを

きちんと確認しましょう。

特にナイトの動きは、ユニークですから

早指しなどをしていると、気づかないことも しばしばあります。

ナイトを利用した、オープニングトラップは 沢山ありますから

相手のナイトが出てきたら、 それを放置しないで

しっかり、対応する必要があります。

まずは、集中砲火の戦略を意識していけば

ミスはだいぶ減っていくと思います。

基本的に、 相手よりも駒の数が多ければ

そこの地点を突破できるので、非常にわかりやすいですね。

画像で言うと

f7の地点を 守っているのは、キングだけです。

それに対して、白番は 3つの駒が効いていますから

これは突破できるということです。