チェスの名対局シリーズをご紹介しています。

チェスの名対局シリーズ

ここでは様々な名対局をご紹介していきます。

【チェスの名対局】アンデルセンvsキゼリツキーの解説。


キングスギャンビットのいい例ですよね。

序盤のポイントとしては、 Qh4+ときたら

Kf1と逃げることです。

それ以外の手を指してしまうと、一気に悪くなってしまうので

そこが注意ポイントですね。

戦術やサクリファイスなど、まさにプロの技って感じがしますね。

棋譜はこちら

1 e4 e5
2 f4 exf4
3 Bc4 Qh4+
4 Kf1 b5
5 Bxb5 Nf6
6 Nf3 Qh6
7 d3 Nh5
8 Nh4 Qg5
9 Nf5 c6
10 Rg1 Cxb5
11 g4 Nf6
12 h4 Qg6
13 h5 Qg5
14 Qf3 Ng8
15 Bxf4 Qf6
16 Nc3 Bc5
17 Nd5 Qxb2
18 Bd6 Qxa1+
19 Ke2 Bxg1
20 e5 Na6
21 Nxg7+ kd8
22 Qf6+ Nxf6
23 Be7 チェックメイト

ラスカー vs バウアー

1889年 バードオープニング
珍しい、初手f4の名試合です。
1 f4 d5
2 Nf3 e6
3 e3 Nf6
4 b3 Be7
5 Bb2 b6
6 Bd3 Bd7
7 Nc3 0-0
8 0-0 Nbd7
9 Ne2 c5
10 Ng3 Qc7
11 Ne5 Nxe5
12 Bxe5 Qc6
13 Qe2 a6
14 Nh5 Nxh5
15 Bxh7+ Kxh7
16 Qxh5+ Kg8
17 Bxg7 Kxg7
18 Qg4+ Kh7
19 Rf3 e5
20 Rh3+ Qh6
21 Rxh6+ Kxh6
22 Qd7 Bf6
23 Qxb7 Kg7
24 Rf1 Rab8
25 Qd7 Rfd8
26 Qg4+ Kf8
27 Fxe5 Bg7
28 e6 Rb7
29 Qg6 f6
30 Rxf6+ Bxf6
31 Qxf6+ Ke8
32 Qh8+ Ke7
33 Qg7+  投了