チェスオリンピード2018が開催 chess Batumi Olympiad

チェスオリンピアード

2年に一度開催させる チェスオリンピアード。

今年は ジョージアという国の batumi バトゥミで開催されています。

ずいぶんとローカルなので 知らない人も多いでしょう。

当然 私も知らなかったです。 笑

Batumi なんて 初めて知りました。

1日目の様子は こんな感じです。

今日が三日目ですね。

日本の男子チームは 初日がアルメニアと対戦して

1ドロー 3敗

日本のエースである 小島さんが ドローをもぎ取りましたね。

2日目が ガーナと対戦して

4勝 しています。

勝てば上位チームと当たり 負ければ下位チームと当たっていくシステムです。

おそらく 下位チームとやるほうが結構プレッシャーが大きいと思います。

下位チーム相手に 1敗でもしてしまうと そこでもう 上にはいけませんからね。

下位チーム相手なら 全勝が当たり前じゃないといけません。

そして上位チーム相手には ドローでもいいから くらいついていかなければいけません。

全敗と 1ドローでは 精神的にもだいぶ違うと思います。

だから 初日で 小島さんがドローを取ったのは 大きかったですね。

オリンピアードの試合は 夜の8時から放送されています。

chess24や Follow Chessのアプリから 見ることができます。

まぁ やはり優勝候補としては アメリカ ロシア インド 中国 アゼルバイジャン当たりだと思います。

確か2年前は アメリカが優勝しました。

日本も2年前は 歴代最高の順位になっているので

今年も頑張って それ以上になってほしいですね。

リザルトは こちらのサイトに載ってます

http://chess-results.com/Default.aspx

PS

ところで オリンピックが始まっているというのに

日本のメディアは一切報道しませんね。

日本人選手が出ているのにも関わらず 一切報道されていないですよね

私 テレビは見ないのでわかりませんが ニュースとかにもなってないでしょ?

オリンピックぐらい 報道すればいいのになと いつも思いますね。

3日目の結果

9月27日更新

三日目は IBCAとの対戦でした。

レーティングはほぼ同じなので ここで勝てるとかなり大きいのですが

見事 3勝1敗で 勝ちました。

私は 南条さんの対局をライブで見ていましたが

負けてはしまったんですけど、ほんと熱戦試合だったと思います。

お互い ダブルルークとナイトが残っている エンドゲームで

しかもナイトはお互いに動きづらい局面が続いて

最後まで どっちに転ぶか わかりませんでした。

3戦が終わって 日本男子チームは 66位につけています。

これはまぁまぁ いい結果なのではないでしょうか。

目指せ 50位 以内ですね。

9月28日更新

4日目の結果は 1ドロー3敗となりました。

相手は オーストリアで全員GMだったので

かなり強かったですね。

どの試合も きつそうなゲームだったんですが

なんとか 南条さんが ドローをもぎ取りました。

そして 4日目に入って 優勝候補である アゼルバイジャンが 1位で

中国やアメリカも 順位を上げています。

9月29日更新

5日目は LUXと対戦して

結果は 1勝3敗でした。

小島さんと南条さんのゲームは 最後まで熱戦でしたね。

小島さんの方は お互いルークとビショップが残っていて

局面的には ドローっぽくなりそうでしたが

最後の最後 相手がミスをしたところをついて

一気に優勢となり 勝ちきりました。

南条さんのゲームも 熱戦で

南条さんがルーク一つで 相手がビショップとナイトが残っている局面で

局面的には 少し苦しい展開でしたが ドローにできる場面が 何度かあったんですよね。

でも相手がそれを うまくかわして  負けてしまいました。

10月1日更新

7日目は SURとの対戦でした。

ポイントは山田さんと松尾さんの対局でしたが

二人とも勝って 見事4勝しました。

山田さんのゲームは 中盤以降リードはしていましたが

相手も最後まで打ってきたのでかなり 試合時間が長引きましたね。 5時間ぐらいやってたでしょ  見てるほうも疲れましたわ。

ここでの全勝は大きいですね。

10月2日更新

8日目は UAEと対戦して  なんと2勝2敗

こちらのゲームは ライブもしました

南条さんと大多和さんを中心に見ていましたが

南条さんはリードを守り 大多和さんはリードを広げられてしまいました。

小島さんのゲームも見てましたが まさか負けるとは思わなかったですね。

まぁ 気を取り直して 次は全勝したいところです。

他のゲームですが  中国が点数を稼げないなか

アゼルバイジャンが ぶっちぎりの1位になっています。

今までの試合で 負けたのは たった1回だけです。

アメリカは3位ですが はたして追いつけるのか?

10月3日更新

昨日は AFGと対戦して  2勝1敗1ドロー となり

なんとか 勝ち越しをしましたね。

ここで勝ったことにより 大きく順位を上げています。

ただ次は 強敵のペルーです。

なんとか 1勝したいところです。

そして 一番の注目カード アメリカ対アゼルバイジャンですが

なんと 2勝1敗1ドローで  アメリカが勝利しました。

これは熱戦でしたね。 直接対決に勝ったアメリカが 順位を上げて 1位になりました。

10月4日更新

ラウンド9の相手はペルーと 全員GMで

かなり強かったのですが  なんと

1勝2敗1ドロー という好成績を残しました。

まつおさんがGM相手に大金星です。  これは素晴らしい


相手の一瞬のミスをついて e5とできたのが 大きかったですね。

そのあともf4とさして 積極的な形にできたので

そのままリードを守り 勝ちました。

他の試合ですが  なんとポーランドが勝って 一位になりました。

そして アメリカが2位

10月5日更新

昨日はミャンマーとの対戦でした。

レーティングはほぼ同じぐらいでしたが なんと 2勝2ドローという好成績です。

特に小島さんのゲームがよかったですね。

黒番でしたが、 序盤からリードすることができ

エンドゲームでは かなりの差がついていました。  素晴らしいです。

これでまた 順位が上がりました。 これで次も勝てば 最高順位になるのではないでしょうか

そして アメリカと中国が どちらも勝って  1位 2位になっています。

果たして どちらが優勝するのか?

10月6日更新

最終日は TUNとの対戦でした。

結果は 2勝1敗1ドローと 勝ち越しに成功しました。

黒番の小島さんが勝利したのが大きかったですね。

これで全試合終了です。

最終順位は  57位となりました。

日本のシードが97位なので  これは好成績といっていいでしょう。

今回は 全敗がなかったですからね。

これってたぶん初めてじゃないの?

日本も世界相手に 結構やるじゃんって  印象は付けられたと思います。

次こそ  50位以内にいきたいですね。

そして  最終日は中国とアメリカの直接対決がありましたが

なんと 全試合ドローという結果になりました。

これにより  優勝は僅差で 中国となりました。

1位中国  2位アメリカ  3位ロシア という結果です。

ロシアも一気に順位を上げて 気づけば 3位ですよ。

やっぱ チェス大国はだてじゃないですわ。

PS

チェスマスター講座 クーポン適用済み
https://www.udemy.com/chess-master-guide/?couponCode=CHESSMASTER999

コンプリートメテオバンドルはこちら  すべてのコンテンツが見放題ですよ 100名限定
https://omoritakuya.teachable.com/p/meteorbundle

秘密のメルマガもやってます  最新情報はこちらでお知らせしています

https://mailchi.mp/bf52d1203999/88cefeaqss